日本生活10年目の夫。突然悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞性ステージIVa)の宣告。夫と息子と私の日常。


by ksma2005
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

血液内科の診察日(クール2 Day 15)

 夫は朝から血液内科の診察の日。
血液検査も。
10時ごろメールが来て、
「C反応性たんぱく(CRP)の数値が高めだった。0.44。」とのこと。
1クール目でもそういうときがあったから
あまりくよくよしなくていいのかも。

 来週の3クール目は、金曜日が祝日でお休みなので、
木曜日にRで、CHOPは土曜日にすることなったのだとか。
月曜日にしんどくならないといいけれど…。

 病院のあと、夫は出勤して、上司と昨日の続きの
話し合いがあったらしい。
夫が言うには、上司は夫がプロジェクトの途中で具合が悪くなって
突然出勤できなくなったりすることを心配しているらしいとのこと。

 夫は、今後も治療期間中にこれまでみたいに比較的元気な状態が
続くと100%断言することはできないけれど、
できるだけ仕事に行けるように頑張る、と言ったらしい。

 とりあえず、休職のことは、ひとまず保留になったらしいが、
いつまた同じ話が出てくるか、夫は不安に思っているらしい。

 ま、でもね、それならそれで、じっくり治療に専念することに
気持ちを切り替えた方がいいよ。
息子との時間も増えるしね。
仕事やお金のことで心配するな、というのが無理なわけで、
そういう気持ちで治療を続けるのってきっとよくないだろうし。

*******************
 夜は、うちの職場に2年間の約束で、
某総合商社から出向しているOさんの送別会。

 50代で大学生の娘さんのいるOさんは、
気さくでとてもいい人。
今日も職場の同僚7人がOさんを囲んで集まった。

 これまで、アルジェリア勤務や
パチンコ業界に出向したこともあるというOさん
「家族と離れて単身赴任とか、2時間土下座させられたこともあるし、
大概のことは何とも思わなくなったよ。
サラリーマンだし仕方ないよね。」とのこと。
明るくからっとしているけれど、色々経験してるんだなあ。
4月1日付けで、うちの職場を去ってしまう。
寂しくなるなあ。
by ksma2005 | 2014-03-14 02:22 | R-CHOP 2クール目